反原発自治体議員・市民連盟

反原発自治体議員・市民連盟第7回総会報告

有賀精一 日野市議

 4月23日(日)第7回総会が開催された。運営委員の長橋さんが司会し、福士共同代表の開会あいさつで始まった。
 第1部では、超党派の「原発ゼロの会」で活躍している自民党の秋本真利衆議院議員に「国のエネルギー政策について」と題して講演していただいた。講演は、すでに世界の流れとして原発を見限り、再生可能エネルギーへとシフトしており、産業界にとっても、その流れに乗ることが必要であることが実証的なデータや資料で示された。自民党現職国会議員が反原発を理論的に語り頑張っていることに大いに励まされた。
 第2部は議長を選出し(私が務めました)、議案に基づき連盟活動の年間総括が提起され、再稼働に反対する現地自治体への陳情・請願運動の成果が述べられた。続いて鹿児島市議会議員・野口英一郎氏から川内原発に対する闘いの現地報告を受け、質疑後に会計・監査報告も含め議案が承認された。
 活動方針では、再稼働に対する現地運動と結んだ30キロ圏陳情・請願運動、第5回福島を忘れないシンポジウムの成功、避難者に対する支援活動、とりわけ関西電力の原発再稼働に対する反対運動を強化するために関西における連盟の活動・組織拡大方針、口頭で議員連盟の行動力アップが付け加えられた。予算案、人事案提案の後、小松久子都議会議員のご挨拶を挟み、柳田事務局長のまとめを受け、各議案が承認された。武笠共同代表が閉会挨拶し総会は幕を閉じた。

反原発自治体議員・市民連盟関西ブロックが発足

 関西電力が高浜原発に続き、大飯原発3・4号機の再稼働に向かい、若狭の原発が次々と動く危険に対し、関西での自治体議員と市民との協力による大きな反撃が必要と考え、3月23日高槻市で「反原発自治体議員・市民連盟関西ブロック」を発足させる運びとなりました。短期間の準備で、参加者が危ぶまれましたが、用意した椅子や資料が足りなくなる70名を超す参加で確かなスタートを切ることができました。
 記念講演として元越前市議会議員の山崎隆敏さん(写真)から、「なぜ、『原発で若狭の復興』は失敗したのか」と題して貴重なお話を伺いました。若狭で原発を立地した自治体は、一部建設業界以外は衰退し町の復興ができず、原発を受け入れなかった自治体の方が、製造業や環境業で活力を得ている、実態を、詳しいデータで示したものです。さらに原発立地と周辺自治体からの議員の参加を得て実りある話を聞くことができました。

 

 早速、関電の大飯原発3・4号機の再稼働に対する、おおい町と町議会への要請行動、8月下旬のおおい町と福井県、周辺自治体への請願・要請行動を行うことを決めました。

2017年8月の東電への質問と回答

 東京電力本社への毎月第一水曜日(原則)の抗議行動が、続いて、8月2日(水)で47回目となりました。この抗議行動は、たんぽぽ舎と経産省前テント広場との共催で、福島原発事故に対する東京電力の責任を追及することに賛同する全国からの162団体の支援で続いています。『反原発自治体議員・市民連盟』も最初から賛同して参加、申しいれ行動にも参加しています。近頃は質問書に対し、東京電力から回答を受けています。
 7月5日の申しいれ書は、7月1日に社長の交代があったことに気がつかずに、前社長の廣瀬社長宛で出してしまいました。そのためではないようですが、回答がこなかったので、8月に再び同じ内容の質問書を渡しました。
その後、東京電力担当者から、「7月26日に送ったが届いていませんか」との問い合わせがありました。原因は分かりませんが、どこかに手違いがあったのだと思います。その後、7月分の回答が届きました。8月も同じ質問なので、この回答で、よろしくとのことでした。

質問

2017年8月2日
東京電力株式会社 社長 小早川智明 様

反原発自治体議員・市民連盟共同代表
佐藤英行 野口英一郎 福士敬子 武笠紀子

 福島第一原発事故の責任を果たし、全原発を直ちに廃炉にすることを求める。

 7月5日の質問書では、社長のお名前を間違えてしまい、大変失礼いたしました。そのためか、お返事をいただいておりませんので、再度、同じ質問とさせていただきます。 放射能で汚染された福島及び東北・関東の自治体住民が、放射能の心配のない安全な暮らしができるように確実な補償と賠償を求めるとともに、二度と福島のような悲劇を繰り返さないために、貴社・東京電力の所持する全ての原発17機を直ちに廃炉にし、核燃料(使用済みも使用途中も)の安全な保管と管理を始めるよう要求する。

 6月7日付け質問へのご回答ありがとうございました。
 しかしながら、ご回答は、新潟県および日本国民の放射能災害に対する安全を保障するものとは思えません。稼動していなくても危険な原発施設ですので、存在そのものが心配です。先日、また北朝鮮からのミサイルが日本海に落ちました。政府は、国民にミサイル落下に備えるようにと、テレビ等を使って広報しています。以下の質問に回答を求めます。

【原子力発電所についての質問】
Q1:Jアラートが使用されると、列車等は停止するときいている。柏崎・刈羽原発および福島第一・第二原発では、どのような体制をとると決めているか?
Q2:ミサイルが原発周辺に落下すると予測された場合は、どのように対処するのか?周辺自治体・住民への連絡は?原発の従業員の避難体制は?
Q3:ミサイルが原発に直撃した場合、どの位の衝撃まで耐えられるかの強度計算はされているか?
Q4:近頃、日本列島で頻発する地震(今のところ震度5クラス)について、福島および新潟近辺での大地震・大津波への備えは出来ているか?福島第一に大津波対策の防波堤が無いが大丈夫か?

柏崎・刈羽原発の再稼働について、原子力規制委員会への申請を取り下げ、大地震・大津波に備え、テロにも警戒し、ミサイルの落下にも耐えられるように備えて、福島第一原発・第二原発とともに、安全な廃炉を進めるように要求する。

回答

2017年7月26日
反原発自治体議員・市民連盟
共同代表
佐藤英行様 野口英一郎様
福士敬子様 武笠紀子様

 当社福島第原子力発電所の事故により、立地地域の皆さま、さらには広く社会の皆さまに 大変なご迷惑とご心配をおかけいたしておりますことを、心より深くお詫び申し上げます。
 2017年7月5日付けでいただきましたご質問につきまして、以下の通りご回答申し上げます。

Q1:Jアラートが使用されると、列車等は停止すると聞いている。柏崎・刈羽原発および福島第一・第二原発ではどのような体制をとると決めているのか。
02:ミサイルが原発周辺に落下すると予測された囁合は、どのように対処するのか,周辺自治体・住民への連絡は,原発の従業員の避難体制は。
03:ミサイルが原発に直撃した場合、どの位の衝撃まで鮒えられるのかの強度計算はされているか。

(回答)
 ミサイル攻撃については、一義的には国家レベルの安全保障という広い立場から、外交的・政治的努力により防止することが重要と認識しております。
 発電所の具体的な警備体制については回答を控えさせていただきますが、当社では日頃より原子力発電所を含む電力設備全般についてパトロール等、保安対策を実施しております。
 また、米国同時多発テロ以降(2001年9月11日)より迅速に対応すべく、態勢を強化・継続しています。
 今後も引き続き情勢を注視し、関係当局との連携強化を図り一つ、関係箇所に注意喚起を行い、当社としてできる限りの対策を請じてまいります。

04:近頃、日本列島で頻発する地震(今のところ震度5クラス)について、福島および新潟近辺での大地震・大津波への備えは出来ているか,福島第に大津波対策の防波堤が無いが、大丈夫か。

(回答)
 前回、回答させでいただいた通り、基準を大きく上回るような地震や津波により、恒設設備の設計条件を万一超えるような不測の事態が発生した場合でも、電源車や消防車などの可搬設備を用いた機動的な対応によって、炉心損傷や格納容器破損といった過酷事故を防止するような安全対策を講じております。
 なお、福島第一原子力発電所については、東北地方太平洋沖地震の影響により発生しやすくなっていると専門家が指摘しているアウターライズ津波対策として、重要な設備が設置しである海抜10m地盤への浸水を防止するため、2011年6月末に敷地南東部に最大海抜約14mの仮設防潮堤を設置しています。

以上

 扱い:東京電力ホールディング株式会社 立地地域原子力センター


*福島第一原発には、堤防が無いとの話を聞いていたので、「質問」としたのですが、東京電力からの回答には仮堤防が造ってあるとのことでした。そこで、東京電力のホームページで確認しました。ホームページには、確かに土嚢を積んだような堤防の写真があります。
その後、再稼働阻止全国ネットワークの方から、この仮堤防についての情報を教えていただきましたが、東京電力には、本格的堤防を造る予定は無いようです。

2017年2月の東電への質問と回答

「反原発自治体議員・市民連盟」では、毎月(原則、第一水曜日の18:30より)の「東京電力本店前抗議行動」において、東京電力への質問書を提出しております。簡単なものですが、これまで東京電力より、3回、回答を受けております。 2月の質問書および回答書です。

質問

2017年2月1日
東京電力株式会社
社長廣瀬直己様

反原発自治体議員・市民連盟 共同代表 相沢一正 佐藤英行 福士敬子 武笠紀子

「柏崎刈羽原発の再稼働」と「電気料金の値上げ」の関係の説明を求めます。

1月の質問にご回答をいただきありがとうございました。私たちの認識不足と思い込みにより、廣瀬社長のご発言と誤解をしてしまい大変失礼をいたしました。報道機関による情報にたよらず、正式な発表による情報確認の必要性を再認議いたしました。
しかし、柏崎・刈羽原発の再稼働への同意を求めて新潟県知事を訪問をしたことは確かだと思います。そして、「福島原発事故の原因究明は終わっていない。福島原発事故の検証が終わるまでは、柏崎刈羽原発の再稼働には同意できない」との新潟県知事からの意思表明を受けたことも否定されないでしょう。このため、柏崎刈羽原発がしばらくの間は再稼働できないことになります。
今でも福島原発事故関連の費用が増大して全額負担ができない貴社東京電力の経営状況が、火力発電のための燃料費の支出増が続くことにより、さらに悪くなるのではと推測されています。その経営状況の悪化を防ぐ解決の一策として、「電気料金の値上げ」を行うのではないかとの報道がされていたのです。
先のご回答によれば、廣瀬社長は「柏崎・刈羽原発の再稼働と電気料金の値上げ」とを関連させて発言されたことはないとのことです。それでは、貴社東京電力は、「柏崎・刈羽原発の再稼働と電気料金値上げ」とを関連付けての報道は間違いであるとのお立場で以下の2点を確認させてください。

①「柏崎・刈羽原発の再稼働」が先延ばしになることでの「電気料金値上げ]は考えていない。
②「電気料金値上げ」をする場合においても、「柏崎・刈羽原発の再稼働延期」を理由の一つとすることはない。

他にも「柏崎刈羽原発の再稼働と電気料金の値上げ」とに関するご説明があれば、よろしくお願いいたします。

回答

2017年2月9日
反原発自治体議員・市民連盟
共同代表
相沢一正様 佐藤英行様
福士敬子様 武笠紀子様

当社福島第一原子力発電の事故により、立地地域の皆さま、さらには広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけいたしておりますことを、心より渓くお詫ぴ申し上げます。
2017年2月1日付けでいただきました質問につきまして、以下の通りご回答申し上げます。
当時点におきましては、ご懸念いただいているような電気料金の値上げは考えておりません。なお、電気料金の改定につきましては、費用全般の動向、需要見通し籍を総合的に勘案したうえで判断してまいります。

以上

東京電力ホールディング株式会社 立地地域原子力センター

2月21日―23日高浜原発30キロ圏自治体請願(陳情)・要請行動報告

◆2月21日

1班(山下慶喜茨木市議・大津留求伊丹市議)
   綾部市・宮津市・伊根町

(1) 綾部市では共産党議員団4名のうち3名の方、堀口達也、つきがしら久実子、井田佳代子の皆さんと面談し請願のお願い、快く引き受けていただきました。原発のない社会を求める京都北部署名実行委員会、原発ゼロをめざす綾部交流センターの活動をお聞きしました。西川卓男議会事務局長と面談し、市を代表して総務課の高橋一彦防災主幹、余田陽一防災担当長、出口匡史防災担当主任に要望書を提出。その後で意見交換。

(2) 宮津市では請願を引き受けていただいた共産党議員(福井康喜、長林三代、うつのみや綾)の皆さん、中村明昌議会事務局次長、消防防災課長と面談。原発なしで暮らしたい宮津の会ニュースをいただきました。

(3) 伊根町では前野義明議会事務局長、鍵良平総務課長と面談。和気あいあいとしたやりとりとなりました。ただ共産党議員には連絡していなかったためか、来られませんでした。立地自治体にはさまざまな飴があるが、30キロ圏内にある隣接近隣自治体には避難計画を立てろとの指示ばかり。関電は危険な原発を扱っているとの自覚が足りなさすぎる。自治体としても今後とも強く要請していきたいと話されていました。

2班(けしば誠一杉並区議・戸田ひさよし門真市議・木原壯林若狭の原発を考える会)
   舞鶴市・高浜町・おおい町・小浜市

(1) 京都山科駅で木原さんの車と合流、鯖街道の熊川宿にある市民団体の活動拠点「若さの家」を経由し舞鶴市へ向かう。市役所隣が赤レンガ造りの旧海軍兵器製造工場跡でその横が会場自衛隊の基地。市役所で共産党の小杉悦子議員が待っていて紹介議員として、請願を上野修身議長に手渡す。その後市長宛要望書を森川芳博企画管理部危機管理室長に手渡す。市長は再稼働に前のめりで、議会も3名の共産党議員以外はそれに従う。朝日新聞舞鶴支局、京都新聞社、毎日新聞社舞鶴支局が取材。京都新聞朝刊で報道。

(2) 高浜町では共産党の渡部孝議員の紹介で、請願を議会事務局長に、要請書を原発担当課長に手渡す。議会事務局長は元原発担当で、丁寧な対応。NHK福井放送局の取材を受け、午後6時のニュースで10分くらい流されました。他に福井テレビ、朝日、毎日、読売、福井新聞社が取材し、中日新聞福井版朝刊、朝日福井版、福井新聞朝刊などが報道。

(3) おおい町では、紹介議員がいないため陳情を議会事務局長に提出、町長宛要望書は、担当課長が部屋に通さず廊下で受けるという不躾な対応。地元の宮崎慈空住職が合流。

(4) 小浜市で3班と合流し、中嶌哲演さん、元社会党小浜市議会議員の重鎮らと市役所前の喫茶店で交流会。そこから車で若狭の家に立ち寄り、そこで若狭の原発を考える会との懇親会で有意義な時間を過ごしました。

3班(木村真豊中市議、二木元高槻市議)
   高島市・若狭町・小浜市

(1) 9時30分堅田駅出発ドラーバー稲村守さん(9条ネット・滋賀事務局長)11~12時高島駅周辺戸別ビラ入れ(若狭の会のビラ300~400枚)12時半滋賀県高島市役所1Fで森脇徹議員と面会12時40分、議長宛請願書提出(臨時議会の休憩中)議長室で秋永安次議長に直接手渡す。紹介議員森脇徹市議(共)、福井せつ子市議(共)、是永宙市議(無)* 森脇市議は他の会派にも働きかけるとのこと。13時高島市長宛要望書提出、高島市総合防災局原子力防災対策室の窓口原子力防災対策室長メンバーが受ける。

(2) 14時30分福井県若狭町長宛要望書提出。受取人若狭町環境安全課長他1名。

(3) 16時福井県小浜市役所1Fで中嶌哲円さん、深谷嘉勝さん(元社会党市議、9期)と合流議長宛陳情書提出、下中雅之議長に直接手渡す。能登恵子議員(無)が紹介、同席。中嶌哲円さん、深谷嘉勝さん。2011年6月に採択した小浜市議会の「原子力発電からの脱却を求める意見書」について意見交換。16時20分小浜市長宛要望書提出。小浜市企画部人口増未来創造課長他1名受取。

◆2月23日

4班(杉谷伸夫向日市議、高木隆太高槻市議)
   滋賀県・京都府・南丹市・京丹波市

(1) 朝1番に滋賀県庁に。滋賀県庁は原子力防災課が対応し約30分間意見交換をしました。元滋賀県議が一人、木原さん他13,4人の市民が参加。県議会事務局で陳情書提出し、所管委員会と議員全員に陳情書が配布されることを確認しました。偶然議長に廊下で出会い、簡単に要請をしました。

(2) 次に京都府に。原子力防災課と約30分間要請と意見交換。大阪府島本町議の平野かおるさんが加わり、市民は木原さん他15,6人が参加。京都府議会事務局に陳情提出しました。詳細は後で報告しますが後で色々と指摘をされて、結局、提出者は印鑑をした3名だけに、添付の259名の議員名簿は無視されてしまうことになってしまいました。

(3) 午後からは、杉谷・高木2人で南丹市に行きました。担当部署の2人と面談・要請。南丹市議会に陳情を提出しましたが、こちらでもビックリするようなことになりました。請願・陳情期限が過ぎているので3月議会には配布されず、6月議会に配布になると言う。驚いて色々とやりとりをしましたが、議会のルールだと言うことで仕方なく引き下がりました。

(4) 最後に京丹波町に。最初に議会事務局に行きました。当日の午前中に議会運営委員会が開かれると言うことを聞いていたので、先に郵送で陳情書とお願い文書を送っていましたので、その取り扱いの結果を聞きましたが、所管の委員会に配布をされ、その後の扱いは所管委員会にて決めると言うことでした。その後行政と面談要請をいたしました。参事と言う人が出て対応。ここの町長は原発再稼働に反対の意向をはっきりではありませんが表明しているところなので、対応した参事もそのようなニュアンスをにじませていました。市民団体も色々と要請に来ていると言っていました。

2016年の活動報告

2月21日―23日高浜原発30キロ圏自治体請願(陳情)・要請行動報告

◆2月21日

1班(山下慶喜茨木市議・大津留求伊丹市議)
   綾部市・宮津市・伊根町

(1) 綾部市では共産党議員団4名のうち3名の方、堀口達也、つきがしら久実子、井田佳代子の皆さんと面談し請願のお願い、快く引き受けていただきました。原発のない社会を求める京都北部署名実行委員会、原発ゼロをめざす綾部交流センターの活動をお聞きしました。西川卓男議会事務局長と面談し、市を代表して総務課の高橋一彦防災主幹、余田陽一防災担当長、出口匡史防災担当主任に要望書を提出。その後で意見交換。

(2) 宮津市では請願を引き受けていただいた共産党議員(福井康喜、長林三代、うつのみや綾)の皆さん、中村明昌議会事務局次長、消防防災課長と面談。原発なしで暮らしたい宮津の会ニュースをいただきました。

(3) 伊根町では前野義明議会事務局長、鍵良平総務課長と面談。和気あいあいとしたやりとりとなりました。ただ共産党議員には連絡していなかったためか、来られませんでした。立地自治体にはさまざまな飴があるが、30キロ圏内にある隣接近隣自治体には避難計画を立てろとの指示ばかり。関電は危険な原発を扱っているとの自覚が足りなさすぎる。自治体としても今後とも強く要請していきたいと話されていました。

2班(けしば誠一杉並区議・戸田ひさよし門真市議・木原壯林若狭の原発を考える会)
   舞鶴市・高浜町・おおい町・小浜市

(1) 京都山科駅で木原さんの車と合流、鯖街道の熊川宿にある市民団体の活動拠点「若さの家」を経由し舞鶴市へ向かう。市役所隣が赤レンガ造りの旧海軍兵器製造工場跡でその横が会場自衛隊の基地。市役所で共産党の小杉悦子議員が待っていて紹介議員として、請願を上野修身議長に手渡す。その後市長宛要望書を森川芳博企画管理部危機管理室長に手渡す。市長は再稼働に前のめりで、議会も3名の共産党議員以外はそれに従う。朝日新聞舞鶴支局、京都新聞社、毎日新聞社舞鶴支局が取材。京都新聞朝刊で報道。

(2) 高浜町では共産党の渡部孝議員の紹介で、請願を議会事務局長に、要請書を原発担当課長に手渡す。議会事務局長は元原発担当で、丁寧な対応。NHK福井放送局の取材を受け、午後6時のニュースで10分くらい流されました。他に福井テレビ、朝日、毎日、読売、福井新聞社が取材し、中日新聞福井版朝刊、朝日福井版、福井新聞朝刊などが報道。

(3) おおい町では、紹介議員がいないため陳情を議会事務局長に提出、町長宛要望書は、担当課長が部屋に通さず廊下で受けるという不躾な対応。地元の宮崎慈空住職が合流。

(4) 小浜市で3班と合流し、中嶌哲演さん、元社会党小浜市議会議員の重鎮らと市役所前の喫茶店で交流会。そこから車で若狭の家に立ち寄り、そこで若狭の原発を考える会との懇親会で有意義な時間を過ごしました。

3班(木村真豊中市議、二木元高槻市議)
   高島市・若狭町・小浜市

(1) 9時30分堅田駅出発ドラーバー稲村守さん(9条ネット・滋賀事務局長)11~12時高島駅周辺戸別ビラ入れ(若狭の会のビラ300~400枚)12時半滋賀県高島市役所1Fで森脇徹議員と面会12時40分、議長宛請願書提出(臨時議会の休憩中)議長室で秋永安次議長に直接手渡す。紹介議員森脇徹市議(共)、福井せつ子市議(共)、是永宙市議(無)* 森脇市議は他の会派にも働きかけるとのこと。13時高島市長宛要望書提出、高島市総合防災局原子力防災対策室の窓口原子力防災対策室長メンバーが受ける。

(2) 14時30分福井県若狭町長宛要望書提出。受取人若狭町環境安全課長他1名。

(3) 16時福井県小浜市役所1Fで中嶌哲円さん、深谷嘉勝さん(元社会党市議、9期)と合流議長宛陳情書提出、下中雅之議長に直接手渡す。能登恵子議員(無)が紹介、同席。中嶌哲円さん、深谷嘉勝さん。2011年6月に採択した小浜市議会の「原子力発電からの脱却を求める意見書」について意見交換。16時20分小浜市長宛要望書提出。小浜市企画部人口増未来創造課長他1名受取。

◆2月23日

4班(杉谷伸夫向日市議、高木隆太高槻市議)
   滋賀県・京都府・南丹市・京丹波市

(1) 朝1番に滋賀県庁に。滋賀県庁は原子力防災課が対応し約30分間意見交換をしました。元滋賀県議が一人、木原さん他13,4人の市民が参加。県議会事務局で陳情書提出し、所管委員会と議員全員に陳情書が配布されることを確認しました。偶然議長に廊下で出会い、簡単に要請をしました。

(2) 次に京都府に。原子力防災課と約30分間要請と意見交換。大阪府島本町議の平野かおるさんが加わり、市民は木原さん他15,6人が参加。京都府議会事務局に陳情提出しました。詳細は後で報告しますが後で色々と指摘をされて、結局、提出者は印鑑をした3名だけに、添付の259名の議員名簿は無視されてしまうことになってしまいました。

(3) 午後からは、杉谷・高木2人で南丹市に行きました。担当部署の2人と面談・要請。南丹市議会に陳情を提出しましたが、こちらでもビックリするようなことになりました。請願・陳情期限が過ぎているので3月議会には配布されず、6月議会に配布になると言う。驚いて色々とやりとりをしましたが、議会のルールだと言うことで仕方なく引き下がりました。

(4) 最後に京丹波町に。最初に議会事務局に行きました。当日の午前中に議会運営委員会が開かれると言うことを聞いていたので、先に郵送で陳情書とお願い文書を送っていましたので、その取り扱いの結果を聞きましたが、所管の委員会に配布をされ、その後の扱いは所管委員会にて決めると言うことでした。その後行政と面談要請をいたしました。参事と言う人が出て対応。ここの町長は原発再稼働に反対の意向をはっきりではありませんが表明しているところなので、対応した参事もそのようなニュアンスをにじませていました。市民団体も色々と要請に来ていると言っていました。

2016年の活動報告