反原発自治体議員・市民連盟

2017年2月の東電への質問と回答

「反原発自治体議員・市民連盟」では、毎月(原則、第一水曜日の18:30より)の「東京電力本店前抗議行動」において、東京電力への質問書を提出しております。簡単なものですが、これまで東京電力より、3回、回答を受けております。 2月の質問書および回答書です。

質問

2017年2月1日
東京電力株式会社
社長廣瀬直己様

反原発自治体議員・市民連盟 共同代表 相沢一正 佐藤英行 福士敬子 武笠紀子

「柏崎刈羽原発の再稼働」と「電気料金の値上げ」の関係の説明を求めます。

1月の質問にご回答をいただきありがとうございました。私たちの認識不足と思い込みにより、廣瀬社長のご発言と誤解をしてしまい大変失礼をいたしました。報道機関による情報にたよらず、正式な発表による情報確認の必要性を再認議いたしました。
しかし、柏崎・刈羽原発の再稼働への同意を求めて新潟県知事を訪問をしたことは確かだと思います。そして、「福島原発事故の原因究明は終わっていない。福島原発事故の検証が終わるまでは、柏崎刈羽原発の再稼働には同意できない」との新潟県知事からの意思表明を受けたことも否定されないでしょう。このため、柏崎刈羽原発がしばらくの間は再稼働できないことになります。
今でも福島原発事故関連の費用が増大して全額負担ができない貴社東京電力の経営状況が、火力発電のための燃料費の支出増が続くことにより、さらに悪くなるのではと推測されています。その経営状況の悪化を防ぐ解決の一策として、「電気料金の値上げ」を行うのではないかとの報道がされていたのです。
先のご回答によれば、廣瀬社長は「柏崎・刈羽原発の再稼働と電気料金の値上げ」とを関連させて発言されたことはないとのことです。それでは、貴社東京電力は、「柏崎・刈羽原発の再稼働と電気料金値上げ」とを関連付けての報道は間違いであるとのお立場で以下の2点を確認させてください。

①「柏崎・刈羽原発の再稼働」が先延ばしになることでの「電気料金値上げ]は考えていない。
②「電気料金値上げ」をする場合においても、「柏崎・刈羽原発の再稼働延期」を理由の一つとすることはない。

他にも「柏崎刈羽原発の再稼働と電気料金の値上げ」とに関するご説明があれば、よろしくお願いいたします。

回答

2017年2月9日
反原発自治体議員・市民連盟
共同代表
相沢一正様 佐藤英行様
福士敬子様 武笠紀子様

当社福島第一原子力発電の事故により、立地地域の皆さま、さらには広く社会の皆さまに大変なご迷惑とご心配をおかけいたしておりますことを、心より渓くお詫ぴ申し上げます。
2017年2月1日付けでいただきました質問につきまして、以下の通りご回答申し上げます。
当時点におきましては、ご懸念いただいているような電気料金の値上げは考えておりません。なお、電気料金の改定につきましては、費用全般の動向、需要見通し籍を総合的に勘案したうえで判断してまいります。

以上

東京電力ホールディング株式会社 立地地域原子力センター

2月21日―23日高浜原発30キロ圏自治体請願(陳情)・要請行動報告

◆2月21日

1班(山下慶喜茨木市議・大津留求伊丹市議)
   綾部市・宮津市・伊根町

(1) 綾部市では共産党議員団4名のうち3名の方、堀口達也、つきがしら久実子、井田佳代子の皆さんと面談し請願のお願い、快く引き受けていただきました。原発のない社会を求める京都北部署名実行委員会、原発ゼロをめざす綾部交流センターの活動をお聞きしました。西川卓男議会事務局長と面談し、市を代表して総務課の高橋一彦防災主幹、余田陽一防災担当長、出口匡史防災担当主任に要望書を提出。その後で意見交換。

(2) 宮津市では請願を引き受けていただいた共産党議員(福井康喜、長林三代、うつのみや綾)の皆さん、中村明昌議会事務局次長、消防防災課長と面談。原発なしで暮らしたい宮津の会ニュースをいただきました。

(3) 伊根町では前野義明議会事務局長、鍵良平総務課長と面談。和気あいあいとしたやりとりとなりました。ただ共産党議員には連絡していなかったためか、来られませんでした。立地自治体にはさまざまな飴があるが、30キロ圏内にある隣接近隣自治体には避難計画を立てろとの指示ばかり。関電は危険な原発を扱っているとの自覚が足りなさすぎる。自治体としても今後とも強く要請していきたいと話されていました。

2班(けしば誠一杉並区議・戸田ひさよし門真市議・木原壯林若狭の原発を考える会)
   舞鶴市・高浜町・おおい町・小浜市

(1) 京都山科駅で木原さんの車と合流、鯖街道の熊川宿にある市民団体の活動拠点「若さの家」を経由し舞鶴市へ向かう。市役所隣が赤レンガ造りの旧海軍兵器製造工場跡でその横が会場自衛隊の基地。市役所で共産党の小杉悦子議員が待っていて紹介議員として、請願を上野修身議長に手渡す。その後市長宛要望書を森川芳博企画管理部危機管理室長に手渡す。市長は再稼働に前のめりで、議会も3名の共産党議員以外はそれに従う。朝日新聞舞鶴支局、京都新聞社、毎日新聞社舞鶴支局が取材。京都新聞朝刊で報道。

(2) 高浜町では共産党の渡部孝議員の紹介で、請願を議会事務局長に、要請書を原発担当課長に手渡す。議会事務局長は元原発担当で、丁寧な対応。NHK福井放送局の取材を受け、午後6時のニュースで10分くらい流されました。他に福井テレビ、朝日、毎日、読売、福井新聞社が取材し、中日新聞福井版朝刊、朝日福井版、福井新聞朝刊などが報道。

(3) おおい町では、紹介議員がいないため陳情を議会事務局長に提出、町長宛要望書は、担当課長が部屋に通さず廊下で受けるという不躾な対応。地元の宮崎慈空住職が合流。

(4) 小浜市で3班と合流し、中嶌哲演さん、元社会党小浜市議会議員の重鎮らと市役所前の喫茶店で交流会。そこから車で若狭の家に立ち寄り、そこで若狭の原発を考える会との懇親会で有意義な時間を過ごしました。

3班(木村真豊中市議、二木元高槻市議)
   高島市・若狭町・小浜市

(1) 9時30分堅田駅出発ドラーバー稲村守さん(9条ネット・滋賀事務局長)11~12時高島駅周辺戸別ビラ入れ(若狭の会のビラ300~400枚)12時半滋賀県高島市役所1Fで森脇徹議員と面会12時40分、議長宛請願書提出(臨時議会の休憩中)議長室で秋永安次議長に直接手渡す。紹介議員森脇徹市議(共)、福井せつ子市議(共)、是永宙市議(無)* 森脇市議は他の会派にも働きかけるとのこと。13時高島市長宛要望書提出、高島市総合防災局原子力防災対策室の窓口原子力防災対策室長メンバーが受ける。

(2) 14時30分福井県若狭町長宛要望書提出。受取人若狭町環境安全課長他1名。

(3) 16時福井県小浜市役所1Fで中嶌哲円さん、深谷嘉勝さん(元社会党市議、9期)と合流議長宛陳情書提出、下中雅之議長に直接手渡す。能登恵子議員(無)が紹介、同席。中嶌哲円さん、深谷嘉勝さん。2011年6月に採択した小浜市議会の「原子力発電からの脱却を求める意見書」について意見交換。16時20分小浜市長宛要望書提出。小浜市企画部人口増未来創造課長他1名受取。

◆2月23日

4班(杉谷伸夫向日市議、高木隆太高槻市議)
   滋賀県・京都府・南丹市・京丹波市

(1) 朝1番に滋賀県庁に。滋賀県庁は原子力防災課が対応し約30分間意見交換をしました。元滋賀県議が一人、木原さん他13,4人の市民が参加。県議会事務局で陳情書提出し、所管委員会と議員全員に陳情書が配布されることを確認しました。偶然議長に廊下で出会い、簡単に要請をしました。

(2) 次に京都府に。原子力防災課と約30分間要請と意見交換。大阪府島本町議の平野かおるさんが加わり、市民は木原さん他15,6人が参加。京都府議会事務局に陳情提出しました。詳細は後で報告しますが後で色々と指摘をされて、結局、提出者は印鑑をした3名だけに、添付の259名の議員名簿は無視されてしまうことになってしまいました。

(3) 午後からは、杉谷・高木2人で南丹市に行きました。担当部署の2人と面談・要請。南丹市議会に陳情を提出しましたが、こちらでもビックリするようなことになりました。請願・陳情期限が過ぎているので3月議会には配布されず、6月議会に配布になると言う。驚いて色々とやりとりをしましたが、議会のルールだと言うことで仕方なく引き下がりました。

(4) 最後に京丹波町に。最初に議会事務局に行きました。当日の午前中に議会運営委員会が開かれると言うことを聞いていたので、先に郵送で陳情書とお願い文書を送っていましたので、その取り扱いの結果を聞きましたが、所管の委員会に配布をされ、その後の扱いは所管委員会にて決めると言うことでした。その後行政と面談要請をいたしました。参事と言う人が出て対応。ここの町長は原発再稼働に反対の意向をはっきりではありませんが表明しているところなので、対応した参事もそのようなニュアンスをにじませていました。市民団体も色々と要請に来ていると言っていました。

2016年の活動報告